本を売る

皆さんは単行本や漫画コミック、月刊誌など、古本を売る時、どこを利用していますか?

 

多くの方は自宅近くの古本屋や大手チェーン店(ブッ○○フ)などが多いのではないでしょうか。
もちろん、それでも良いのですが、ネットで売ればもっと高く買い取ってもらえる場合があります。

 

仮に、大手チェーン店の買取価格が10円〜上限200円前後とマニュアル化されており、決まっていることがあります。
コレに対して、ネット専門店の場合は上限が決まっていない場合が多いです。

 

何故こういったことが起こるのでしょうか。
元を正せば同じ古本屋です。

 

それには運営方針の違いがあります。

 

近隣の大手チェーン店や古本屋などは地域密着型の実店舗型です。
近くの人が持ち込みしてくれる古本を買い取ることによって仕入れがなりたっています。

 

この場合、常に営業時間内に社員やアルバイトが店にいる必要があり、お客さんが来なくても人件費が発生します。
また、店舗の家賃や電気代などの店舗運営にかかる費用がかかります。

 

これでは、高価買取が難しいでしょう。

 

 

それに対して、ネット専門店の場合はHP一つ作っておけば、後は店舗運営費がかかりません。
また、人件費も最小限に抑えることができます。

 

その分が買取金額に反映され高額買取となる場合が多いようです。

 

もちろん、すべてのお店がそうでない場合もありますが、概ね価値のある商品はネットで売ったほうが高く買い取ってもらえるケースが多いでしょう。

 

ただ、元々価値が少ないものの場合は送料等を考えると実店舗で処分を覚悟で売りに出した方がよい場合もあります。